Linux基礎

【図解】CentOS8 Streamのboot.isoでのminimalインストール with [VirtualBOX Guest Additions]

CentOSはバージョン8で終了、今後は CentOS Stream へシフトするのだと。

それならば CentOS8 Stream をインストールしてみようかと思ったわけです。

CentOS8 Stream の ISO ファイル

Download

CentOS Stream の x86_64 をクリックし、適当にダウンロード先を指定します。例えば riken.jp (以下の URL) を使います。

Index of /Linux/centos/8-stream/isos/x86_64

boot.iso と dvd1.iso があります。

dvd1.iso はパッケージが含まれるインストーラ、boot.iso はパッケージをオンラインからダウンロードするインストーラです。

最低限のものだけインストールする『minimal インストール』なら boot.iso をダウンロードしましょう

以降では boot.iso での minimal インストールを VirtualBOX の仮想マシン上に展開する手順の例を示します。

CentOS8 Stream の minimal インストール手順 with boot.iso

1. VirtualBOX上で仮想マシンを作成、CPU:2core, Mem:4GB, Disk:8GB, NW: ブリッジ接続

2. 仮想マシンを起動し、「起動ハードディスクを選択」の画面で boot.iso を指定

3. 黒画面が表示されたらキーボードの↑キーを押下し、下記画面のように「Install CentOS Stream 8-stream」が白文字になるようにする

4. 言語として日本語を選択

5. 以下の設定を実施

  • 時刻と日付 ⇒ 地域「アジア」都市「東京」を選択
  • インストール先 ⇒ ディスクが選択されているのを確認 (何もせず完了でよい)
  • ネットワーク ⇒ Ethernet をオンにする
  • インストールソース ⇒ mirror.centos.org/centos/8-stream/BaseOS/x86_64/os/
  • ソフトウェアの選択 ⇒ 最小限のインストール (minimalインストール)
  • rootパスワードとユーザの作成 ⇒ マウスでダウンスクロールすると表示される
  • インストールの開始

6. システムの再起動

これでインストールは完了です。

VirtualBOX Guest Additions のインストール

次に VirtualBOX Guest Additions をインストールします。これは必須ではありませんが、準仮想化により性能アップが期待できます。

1. メニューバーの「デバイス」から「Guest Additions CD イメージの挿入」をクリック

2. CD をマウント

[root@localhost ~]# mount -r /dev/cdrom /mnt/

3. 必要なパッケージをインストール

[root@localhost ~]# dnf -y install epel-release
[root@localhost ~]# dnf -y install tar gcc make kernel-devel kernel-headers bzip2 dkms perl

4. VBoxLinuxAdditions.run を実行し、再起動

[root@localhost ~]# sh /mnt/VBoxLinuxAdditions.run
~~~
VirtualBox Guest Additions: Running kernel modules will not be replaced until
the system is restarted
[root@localhost ~]# shutdown -r now

5. インストール状態を確認

[root@localhost ~]# VBoxControl -V
6.1.14r140239

コメント

タイトルとURLをコピーしました