Windowsで管理者(administrator)なのにフォルダ/ファイルのアクセス許可を変更できないしアクセスもできない

症状

Windows の フォルダ(NTFS)アクセス権に管理者(administrator)が無いため、フォルダにアクセスできない。また、アクセス権の変更(administratorの追加)もできない

具体的には、まずアクセスしようとダブルクリックすると「このフォルダーにアクセスする許可がありません。[続行]をクリックすると、このフォルダーへの永続的なアクセスを取得します。」と表示される。

『続行』ボタンを押すと、「このフォルダーへアクセスするアクセス許可が拒否されています。このフォルダーへのアクセスを取得するには セキュリティ タブ を使用する必要があります。」と表示される。

原因

Windows (NTFSファイルシステム) においては、フォルダにadministratorのアクセス権が無い場合、かつフォルダの所有者がadministratorでは無い場合、administratorであってもアクセスできません。

(ちなみにLinuxの場合は、rootユーザはアクセス権無視で全てのフォルダ、ファイルへアクセス権が与えられます)

なお、グレーアウトして変更できない場合は原因が異なりますので、以下を参照して下さい。

【Windows】NTFS アクセス権を削除できない、またはチェックを外せない
【Windows】NTFS アクセス権を削除できない、またはチェックを外せない
症状 Windows の NTFS アクセス権を削除できない、またはアクセス権...

対策

フォルダの所有者を変更する

Windows (NTFSファイルシステム) では administrator 等の管理者ユーザではフォルダやファイルの所有者の変更ができます。

フォルダやファイルの所有者には、そのフォルダもしくはファイルのアクセス権変更を自由に行える権限が与えられます。つまり、実質フルコントロールの権限も与えられます

『このオブジェクトのアクセス許可の設定を表示または編集するアクセス許可がありません』と表示されてたり、『このオブジェクトのプロパティを表示するには、読み取りアクセス許可が必要です』と表示されるケースにもこれで対応可能です。

対策詳細手順

1. 該当フォルダもしくはファイルを右クリックし、『プロパティ』をクリックします。

2. 『セキュリティタブ』をクリックし、下部の『詳細設定』をクリックします。

3. 『所有者』の『現在の所有者を表示できません。』の横にある『変更』をクリックします。(所有者が表示されているケースもあります。)

4. 『選択するオブジェクト名を入力してください』の欄に "Administrator" 等、管理者ユーザもしくは管理者グループ名を入力し、『OK』を押下します。

5. 以下の表示がされますので、「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックを入れ、「OK」を押下します。

6. 以下のポップアップが出ますので『はい』を押下します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする