ciscoのNATを簡単に覚える

ciscoのNATで、これだけは覚えとけ、というエッセンスを凝縮。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ip nat inside

立場の弱い側。大抵は家や企業のLAN側、NWを吸収された側。

ip nat outside

立場の強い側。大抵はインターネットやNWを吸収した側。

内部ローカルアドレス

ip nat inside側にある実IP。

ip nat inside sourceコマンドでの変換前のIP。

内部グローバルアドレス

NATルータが保有するプールアドレス、もしくはoutsideのインタフェースアドレス。

ip nat inside sourceコマンドでの変換後のIP。

外部ローカルアドレス

NATルータが保有するプールアドレス。ip nat outside sourceコマンドでの変換後のIP。

外部グローバルアドレス

ip nat outside側にある実IP。

ip nat outside sourceコマンドでの変換前のIP。

ip nat inside sourceコマンド

内部ローカルアドレス(実IP)を内部グローバルアドレスに変換する。つまりinsideからoutsideに抜けていくときの送信元IPを変換する。

static変換の場合はip nat inside destinationコマンドと全く一緒の機能になる。

異なる点としては、動的NATのときはinside側が必ず通信の起点になること。PATが使えること。

ip nat inside destinationコマンド

内部ローカルアドレス(実IP)を内部グローバルアドレスに変換する。つまりoutsideからinsideに抜けていくときの宛先IPを変換する。

static変換の場合はip nat inside sourceコマンドと全く一緒の機能になる。

異なる点としては、動的NATのときはoutside側が必ず通信の起点になること。TCP Load Distributionが使えること。

ip nat outside sourceコマンド

外部グローバルアドレス(実IP)を外部ローカルアドレスに変換する。つまりoutsideからinsideに抜けていくときの送信元IPを変換する。

IPが完全に重複している端末同士で通信をさせたいときに双方向NATで利用することが多い。

ip nat outside destinationコマンド

ciscoでは存在しないが、ネットで情報がチラホラ見られる幻のコマンド。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク