ルーティングの設定

スイッチングは自動でMACアドレステーブルを学習することで出来ましたが、 ルーティングは基本的にはネットワーク構成を検討し、設計者なり管理者なりが 手動で設定を入れる必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタティックルーティングとダイナミックルーティング

ルーティングの設定の仕方は2種類あり、1つがスタティックルーティング、 もう1つがダイナミックルーティングです。

スタティックルーティングは、NW機器1つ1つに、『10.0.0.0/8はインタフェースAから送信』 『192.168.0.0/24はインタフェースBから送信』と記載していく必要があり、 細かいネットワークが散在するような大規模ネットワークには不向きです。また、動的な変化が無いため、冗長構成を組むのが難しいです。しかし、動的な変化がない、というのは安定して動作する、というメリットがあります。

ダイナミックルーティングは、NW機器自体が持っているルーティング情報をルーティングプロトコル によりNW機器間で伝達していきます。

スポンサーリンク

ダイナミックルーティングの概要

ダイナミックルーティングプロトコルにはRIPOSPFEIGRPなどの種類があります。 設定方法は似ていて、NW機器のインタフェースでルーティングプロトコルを有効化すると、そのインタフェースからルーティングプロトコルのパケットを発出し、そのパケットの中にインタフェースのNWアドレスと、他のルータから学習したNWアドレスを乗せて伝播していきます。

伝播されるNW機器側では、受け取るインタフェースで同じルーティングプロトコルが有効化されている必要があります。

RIP version2の場合、パケットを受け取ると、パケットの中のネットワークアドレスのNextHopを、RIPパケット中に存在する NextHop FieldのIPアドレスに設定します。(多くの場合、IPヘッダの送信元IPアドレスFieldと同じになりますが。) また、ネットワークアドレス1つ1つにmetric値が付属しており、他の経路から情報を受け取ったとき、どちらのほうが 近いかを判断できるようになっています。

OSPFやEIGRPも似たような動作になりますが、OSPFは地図を作るためにもっと細かい情報を送ったり、 EIGRPはメトリックの考え方が異なります。

詳細はダイナミックルーティングの章を参照下さい。

ネットワーク基礎の勉強については、以下の書籍がお薦めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク