【図解】Windows PCでのルート証明書/中間証明書のインストール状態確認やインストール方法

Windows でデジタル証明書のエラーが出た際、クライアント証明書やサーバの中間証明書、ルート証明書のインストール状況を確認するケースが多々あるかと思います。

ここではそれらの確認手順とインストール手順を紹介します。

確認手順

まず、IEのインターネットオプションの「コンテンツ」の「証明書」をクリックします。

すると以下画面が出てきます。

上図の例では『信頼されたルート証明機関』タブですので、信頼されたルート証明書が格納されているストアになります。

中間証明書を見たければ『中間証明機関』タブをクリック、クライアント証明書を見たければ『個人』タブをクリックします。

インストール手順

ルート証明書、中間証明書、クライアント証明書などをファイル形式で Windows PC に配置しておきます。

そして状態確認と同じくインターネットオプションの「コンテンツ」の「証明書」をクリックして表示される画面にある「インポート」ボタンをクリックします。

すると、以下のポップアップが表示されますので、ファイルのフルパスを指定して(参照ボタンを押すと楽)、「次へ」を押下します。

「証明書をすべて次のストアに配置する(P)」のラジオボタンをクリックし、「参照」ボタンをクリックします。

「使用する証明書ストアを選択してください(C)」の画面で、ルート証明書をインストールする場合は「信頼されたルート証明機関」を選択します。中間証明書をインストールする場合は「中間証明機関」を選択します。クライアント証明書をインストールする場合は「個人」を選択します。

先ほどの画面に戻るので「次へ」ボタンを押下し、さらに「完了」ボタンを押下します。

「正しくインポートされました。」と表示されればインストール成功です。

フォローする