【OSPF】DBDパケットのフォーマットと詳細

DBDパケットのフォーマット

OSPFv2において使われるDatabase Description(DBD)パケットのフォーマットを以下に示します。

最初の6行(192bit=24Byte)は全てのLSA Typeで共通のOSPFパケットヘッダです。

7行目以降を見ていきます。

Interface MTU

送出インタフェースのMTU値(単位はByte)が入ります。 フラグメンテーションが発生するとただでさえ大きい負荷が更に大きくなるため、このフィールドは 互いに同値である必要があります。 なお、バーチャルリンクの場合は0になります。

Options

詳細はこちらをご参照ください

I

Initial bit。DBD は大量の LSA がある場合は DBD も1パケットでは収まらないケースがあります。 それを想定し、このビットでは、DBD の最初のパケットだということを示します。 DBD の1パケット目は 1 がセットされ、2パケット目以降は 0 がセットされます。

M

More bit。DBD パケットがまだ後に続くことを示すbitです。これが1のときはまだ DBD パケットが続くことを示し、0 のときは DBD パケットの 最後であることを示します。

MS

Master/Slave bit。1 の場合は自身が Master であることを示します。 詳細はこちらをご参照ください

DBD Sequence Number

DBD パケットの全てが同期されたことを確認するためのシーケンス番号です。 このシーケンス番号はマスターが最初に値を適当にセットし、その後は順番に1ずつ上がっていきます。 詳細はこちらをご参照ください

LSA Headers

LSA のヘッダがサマリとして並びます。受信した相手は LSA ヘッダを自分の持っている LSA 情報のヘッダと比較し、 持っていない LSA や、更新された LSA を見つけると Link State Request でその LSA を要求します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする