DBDパケット

DBDパケットのフォーマット

OSPFv2において使われるDatabase Description(DBD)パケットのフォーマットを以下に示します。

最初の6行(192bit=24Byte)は全てのLSA Typeで共通のOSPFパケットヘッダです。

7行目以降を見ていきます。

Interface MTU

送出インタフェースのMTU値(単位はByte)が入ります。 フラグメンテーションが発生するとただでさえ大きい負荷が更に大きくなるため、このフィールドは 互いに同値である必要があります。 なお、バーチャルリンクの場合は0になります。

Options

詳細はこちらをご参照ください

I

Initial bit。DBDは大量のLSAがある場合はDBDも1パケットでは収まらないケースがあります。 それを想定し、このビットでは、DBDの最初のパケットだということを示します。 DBDの1パケット目は1がセットされ、2パケット目以降は0がセットされます。

M

More bit。DBDパケットがまだ後に続くことを示すbitです。これが1のときはまだDBDパケットが続くことを示し、0のときはDBDパケットの 最後であることを示します。

MS

Master/Slave bit。1の場合は自身がMasterであることを示します。 詳細はこちらをご参照ください

DBD Sequence Number

DBDパケットの全てが同期されたことを確認するためのシーケンス番号です。 このシーケンス番号はマスターが最初に値を適当にセットし、その後は順番に1ずつ上がっていきます。 詳細はこちらをご参照ください

LSA Headers

LSAのヘッダがサマリとして並びます。受信した相手はLSAヘッダを自分の持っているLSA情報のヘッダと比較し、 持っていないLSAや、更新されたLSAを見つけるとLink State RequestでそのLSAを要求します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする