【OSPF】Hello パケットのフォーマットと詳細

Hello パケットのフォーマット

OSPFv2において使われるHelloパケットのフォーマットを以下に示します。

最初の6行(192bit=24Byte)は全てのLSA Typeで共通のOSPFパケットヘッダです。

7行目以降を見ていきます。

Network Mask

このフィールドのサブネットマスクが入ります。なお、point-to-pointインタフェースで ip unnumberred の場合は0.0.0.0が入ります。 このフィールドは互いに同値である必要があるので、片方がip unnumberredの場合、もう片方もip unnumberredである必要があります。

Hello Interval

Helloを送信する間隔(単位は秒)が入ります。このフィールドも互いに同値である必要があります。

Options

詳細はこちらをご参照ください

Router Priority

DR/BDR の選定の優先度が入ります。高いほうが優先されますが、同じ値の場合はルータIDの高いほうが優先されます。 なお、この値が 0 の場合は、他にいなくても絶対に DR/BDR にはなれません。 詳細はこちらをご参照ください

Router Dead Interval

相手から最後に Hello を受け取ってから、相手がいなくなったと判断するまでの間隔(単位は秒)が入ります。 一般的には Hello Interval の4倍となることが多いです。このフィールドも互いに同値である必要があります。

Designated Router

そのセグメントでの DR のルータIDが入ります。選定プロセス中はこの領域は 0.0.0.0 となります。 詳細はこちらをご参照ください

Backup Designated Router

そのセグメントでのBDRのルータIDが入ります。選定プロセス中はこの領域は0.0.0.0となります。 詳細はこちらをご参照ください

Neighbor

Helloを受け取ったことネイバーのルータIDが入ります。 最初は 0.0.0.0 が1行だけ入り、相手から Hello を受信すると、その次の Hello から、相手のルータIDが入っていきます。 複数の相手がいる場合は、複数の行に並んでいきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする