OSPF neighbor(ネイバー)確立(2way)の条件

2WAY

同一セグメントのOSPFルータは、お互いにHelloパケットを投げ合うことでお互いを認識し、 認識したことを相手に知らせるために、自分が生成するHelloパケットの中に相手のルータIDを乗せます。 これにより、neighbor(ネイバー)が確立します。ネイバー状態のことを2WAY状態とも呼びます。

なお、似た言葉でadjacency(アジャセンシー=隣接関係)というのがありますが、これとは状態が異なります。neighbor(ネイバー)とadjacency(アジャセンシー)の違いは、ルート情報(LSA)の交換をしているか否かです。ネイバーはルート情報を交換していない状態アジャセンシーは、ネイバーになった後にルート情報を交換した状態を指します。

DRおよびBDRは、DRother(読み方:ディーアールアザー)とはネイバーを経てアジャセンシーになりますが、DRother同士はネイバー関係でとどまり続けます

Helloをマルチキャストで投げるネットワークタイプにおいては 自発的にマルチキャストでHelloパケットを投げます。

一方、手動で相手IPアドレスを指定する必要があるネットワーク タイプにおいては、設定無しでは自発的にはHelloパケットは投げず、相手からマルチキャスト、もしくは(手動でneighborコマンドでの設定による) ユニキャストでHelloパケットを受信すると、ユニキャストでHelloパケットを投げ返します。

なので両方とも自発的にマルチキャストを送らないネットワークタイプの場合(NBMA等)は、どちらか片方でよいのでneighborコマンドの設定を入れる必要があります。

ネイバー確立の条件

OSPFにおいて、互いにネイバーになる条件は以下の通りです。

  • エリアIDが同じ
  • 出力インタフェースのサブネットが同じ
  • Helloインターバルが同じ
  • Stub/NSSAのフラグが同じ
  • 認証情報が同じ(認証が有効なとき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする