【図解/OSPF】DR/BDRの選出、再選出、切り戻りプロセス

DR/BDRはEthernetやFrame-Relayのマルチアクセストポロジ(broadcast/non-broadcast)の環境で選出されます。

以下の基準による1番目のものがDR、2番目のものがBDRとなります。

  1. プライオリティが1番大きいもの
  2. プライオリティが同じ場合、ルータIDの大きいもの

ただし、これはそのマルチアクセストポロジ上のOSPFプロセスが同時に起動した場合の話です。プライオリティが一番低いものであっても、Ethernet上で一番最初に起動してしまうとそのルータがDRになってしまいます。

DR/BDRの選出プロセス

DR/BDRの選出プロセスは、以下の通りです。

マルチアクセストポロジ(broadcast/non-broadcast)のインタフェースでOSPFが起動すると、Wait Timer(Ciscoの場合は Dead Intervalと同値: 40秒 or 120秒)の間、自身のHelloパケットのDR領域、BDR領域を 0.0.0.0にセットした上で、同セグメント内の他のルータが送信するHelloパケット DR領域、BDR領域、Router Priority領域を観察します。

もし他のルータのHelloパケットのDR領域、BDR領域に0.0.0.0以外の値が入っていた場合、 速やかにそのDR、BDRが正しいものとして受け入れます

もし他の全てのルータでHelloパケットのDR領域、BDR領域に0.0.0.0の値が入っていた場合、Wait timerの時間を待った後、Router Priority値の一番高いルータをDR、二番目に高いルータをBDRとして受け入れ、自身のHelloパケットのDR領域、BDR領域に 受け入れたDR、およびBDRのルータIDをセットします。

なので、途中から参加したルータどんなにRouter Priority値が高くても 参加直後にはDRにはなれません

再選出プロセスと切り戻りについて

参加後、DRがダウンした場合は、BDRがDRになりますが、BDRのポジションが空くので、 そこでBDRの再選出プロセスが走り、DR以外のルータの中でRouter Priority値の 一番高いルータがBDRになります。

BDRがダウンしても、同様のプロセスが走ります。

再選出プロセス完了後に、元DRのルータが復活してきてもあとから参加してきたルータ扱いなので、切り戻りは行われません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする