【図解/OSPF】DR/BDRの選出、再選出、切り戻りプロセス

DR/BDR は Ethernet や Frame-Relay のマルチアクセストポロジ (broadcast/non-broadcast) の環境で選出されます。

以下の基準による値が、1 番目のものが DR、2 番目のものが BDR となります。

  1. プライオリティが 1 番大きいもの
  2. プライオリティが同じ場合、ルータ ID の大きいもの

ただし、これはそのマルチアクセストポロジ上の OSPF プロセスが同時に起動した場合の話です。

プライオリティが一番低いものであっても、Ethernet 上で一番最初に起動してしまうとそのルータが DR になってしまいます。

DR/BDRの選出プロセス

DR/BDR の選出プロセスは、以下の通りです。

マルチアクセストポロジ (broadcast/non-broadcast) のインタフェースで OSPF が起動すると、Wait Timer (Cisco の場合は Dead Interval と同値: 40 秒 or 120 秒)の間、自身の Hello パケットの DR 領域、BDR 領域を 0.0.0.0 にセットした上で、同セグメント内の他のルータが送信する Hello パケット DR 領域、BDR 領域、Router Priority 領域を観察します。

もし他のルータの Hello パケットの DR 領域、BDR 領域に 0.0.0.0 以外の値が入っていた場合、 速やかにその DR、BDR が正しいものとして受け入れます

もし他の全てのルータで Hello パケットの DR 領域、BDR 領域に 0.0.0.0 の値が入っていた場合、Wait timer の時間を待った後、Router Priority 値の一番高いルータを DR、二番目に高いルータを BDR として受け入れ、自身の Hello パケットの DR 領域、BDR 領域に受け入れた DR、および BDR のルータ ID をセットします。

なので、途中から参加したルータどんなに Router Priority 値が高くても参加直後には DR にはなれません

再選出プロセスと切り戻りについて

参加後、DR がダウンした場合は、BDR が DR になりますが、BDR のポジションが空くので、 そこで BDR の再選出プロセスが走り、DR 以外のルータの中で Router Priority 値の 一番高いルータが BDR になります。

BDR がダウンしても、同様のプロセスが走ります。

再選出プロセス完了後に、元 DR のルータが復活してきても、あとから参加してきたルータ扱いなので、切り戻りは行われません

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG