バックアップ基本設計 サーバのリストア計画 1H

システム障害時のリストア方法を計画する際には、どのようにリストアすべきかサーバ毎に検討すべきです。1つのベストプラクティスとして実装例を示します。

まず、サーバを以下の4種類に分類します。

  1. ユーザデータを持たないサーバ(DNS, DHCP, RADIUS, LDAP等)
  2. ユーザデータを持つサーバ(ファイルサーバ、メールサーバ、Webサーバ等)
  3. DBサーバ
  4. Active Directoryのドメインコントローラ

LDAPはアカウントデータを持つことが多いのでユーザデータを持つのでは?と思うかもしれませんが、ここで言っているユーザデータ、というのはシステム管理者では持っていないデータを指します。LDAPの管理は通常システム管理者なので、ここではユーザデータとは見なしません。

また、Webサーバのコンテンツはシステム管理者ではなくWeb管理者がオリジナルを保有しているケースもありますので、場合によってはこの扱いは変わります。

1. ユーザデータを持たないサーバ

このようなサーバでは初期構築時のOSイメージをバックアップし、あとはconfig等の設定変更時に、設定ファイルだけを戻せば障害前の状態に戻せます。

2. ユーザデータを持つサーバ

このサーバ群においては、1と同様、初期構築時のOSイメージでリストアし、設定変更時に取得した設定ファイルを所定の場所にコピーします。その後、ファイルサーバ領域、メール領域、Webコンテンツ領域をリストアします。

なお、このユーザデータ領域はいつの状態のものが必要になるか、でバックアップの取り方が変わります。例えば故障発生直前の状態にしなければならない、というのであれば、リアルタイムでのバックアップができる、Windows DFSRやストレージメーカのバックアップソリューション等を導入すべきでしょう。「前日の夜時点の状態に戻れればいいよ」というのであれば、毎日夜に、ユーザデータ領域をバックアップします。さらに、そのデータがユーザ誤操作による復旧も4週間含めるのであれば、例えば毎週日曜日にフルバックアップし、それを4世代取得し、月~土は日曜のフルバックアップに対する差分バックアップ(もしくは増分バックアップ)を取得する、といったやり方があります。

3. DBサーバ

データベースサーバはリアルタイムのバックアップをするためには、高価なバックアップソフトが必要になります。しかしそこまでのレベルを求めず、(2. と同様に)「前日の夜時点の状態に戻ればいいよ」というのであれば、毎日夜に、データベースのDumpを吐き出し、それを別のドライブへ転送する、というバッチを組み込むのが一般的です。

なのでリストア手順としては1と同様、初期構築時のOSイメージでリストアし、設定変更時に取得した設定ファイルを所定の場所にコピーします。その後、Dumpファイルからデータベースをリストアします。

スポンサーリンク

4. Active Directoryのドメインコントローラ

Active Directoryのドメインコントローラは特殊です。内部にコンピュータ認証用のハッシュ値が存在していますが、有効期限が6か月ですので、オンラインバックアップでバックアップを取得していても、6か月経過するとリストアに使えなくなってしまいます。

なので、リストア方法としては以下のどちらかになります。

  1. 1か月等のスパンで定期的にフルバックアップを取得したものを使う
  2. ドメインコントローラ昇格前の状態での初期構築時OSイメージバックアップを取得しておき、リストア時はそのOSイメージからリストアし、ドメインコントローラへ昇格する

ii は、ドメインコントローラが複数存在し、同時に全て壊れる可能性を考えないケースで有効です。

この章のまとめ

以下のようにまとめられます。

サーバ分類初期構築時バックアップ定期バックアップ設定変更時バックアップ
ユーザデータを持たないサーバ
(DNS, DHCP, Radius, LDAP等)
OSイメージ不要設定ファイル
ユーザデータを持つサーバ
(ファイルサーバ、メールサーバ、
Webサーバ等)
OSイメージ
(ユーザデータ領域は空)
ユーザデータ領域
例. フルバックアップ(週1回・4世代)
/差分バックアップ(週6回)
設定ファイル
DBサーバOSイメージDBのDumpファイル設定ファイル
Active Directoryのドメインコントローラ
パターンi
DC昇格後OSイメージOSイメージ設定ファイル
※ドメインコントローラでは
管理できないサービスがある場合
Active Directoryのドメインコントローラ
パターンii
DC昇格前OSイメージ不要設定ファイル
※ドメインコントローラでは
管理できないサービスがある場合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする