IP通信の流れ 同一セグメント内/別セグメント間のルーティング

今日のIP通信はEthernetがベースになっていることが多いので、この記事でもEthernetをベースにIP通信を行う場合の具体的な流れを示します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同一セグメント内のIP通信

まず、PC-Aが同一セグメント内のSV-Bへ通信する場合は以下のようになります。

宛先IPアドレスが自身のサブネットと同じかどうかを確認し、同じである場合はARPにより宛先IPアドレスから宛先MACアドレスを取得し、Ethernetフレームにその宛先MACを入れて送信するだけです。このように、同一セグメント内の通信ではルーティングは行いません

別セグメント間のIP通信

次に、異なるセグメントで通信を行う場合を考えます。

スポンサーリンク

宛先IPアドレスが自身のサブネットと同じかどうかを確認し、異なる場合はARPにより「デフォルトゲートウェイのIP」から「デフォルトゲートウェイのMAC」を取得し、そこへEthernetフレームを転送します。

デフォルトゲートウェイは必ず自身のサブネット内です。パケットを受信した機器はルーティングに従ってパケットを転送します。

転送されるフレーム/パケットには、デフォルトゲートウェイのIPの情報は一切載りません。これは、ルーティングにおいても同じで、NextHopのIPの情報はフレーム/パケットには一切載りません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク