VMware Workstation Player + CentOS7 のネットワーク初期設定

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CentOS7 以上では Network Manager を積極的に使ったほうが良さそう

よく VMware Workstation Player環境でCentOS7系を構築しますが、CentOS7では初期インストール状態ではネットワークがActivateされておらず、疎通していません

CentOS7系では Network Manager を使うことが推奨されており(Network Managerを使わないと firewalld のzone設定等がうまく反映されなかったりするよう)なので、無理にifcfg スクリプトファイルをいじることはせず、Network Managerツールを使いましょう。今回はnmtuiを使ったネットワーク初期設定のおさらい。

1. コマンドラインから nmtui コマンドで下記 TUI を起動し、Edit a connection(接続の編集) を選択してEnter

2. 該当インタフェース(下記例ではens33)を指定してEnter

スポンサーリンク

3. DHCPの場合は IPv4 CONFIGURATION は <Automatic(自動)>のままでよい。固定IPの場合は<Manual(手作業)>を選択し、<Show(表示する>をクリックし、設定項目をOpen

4. オプションを適切に設定

Never use this network for default route(このネットワークはデフォルトのルートには使用しない)』は、NICインタフェースが1つの場合チェック無し(Xを付けない)でOKです(スペースキーで変更)。NICインタフェースが2つ以上ある場合は、デフォルトゲートウェイ(Gateway)を有効にする1つのインタフェースにだけチェック有り(Xを付ける)、他のインタフェースはチェック無しにします。

スポンサーリンク

Ignore automatically obtained routes(自動的に取得されたルートを無視)』は、基本的にチェック有り(Xを付ける)でOKです。これは、ICMP redirect やRIPを受信する環境下で、それらの影響を受けないようにするためのものです。もし意図的にICMP redirect や RIPによるルート変更をしたいのであれば、チェック無し(Xを付けない)にします。

Automatically connect(自動的に接続する)』は起動時に自動接続するか否かですので、特別な事情が無い限りはチェック有り(Xを付ける)にします。

Available to all users(全ユーザーに使用可能)』も特別な事情が無い限りはチェック有り(Xを付ける)にします。

5. Activate a connection(接続をアクティベートする)をクリック

6. 対象インタフェースを選択した状態で Enter を押し、 * が入った状態に変更し、 <Back>を選択しEnter

7. <OK>を選択し、Enter (Quitを選択しないように!)

これで プロンプトに戻り、 ip a 等でIPが振られていることが確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク