LSUパケット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LSUパケットのフォーマット

OSPFv2において使われるLink State Update(LSU)パケットのフォーマットを以下に示します。

最初の6行(192bit=24Byte)は全てのLSA Typeで共通のOSPFパケットヘッダです。

7行目以降を見ていきます。

Numbers of LSAs

このパケット内に含まれるLSAの数を示します。

LSAs

LSAが「Numbers of LSAs」の数だけ含まれています。

Implicit Ack

なお、このLSUパケットは、次に説明するLSAckパケットと同じ使い方もできます。 すなわち、相手からLSUでLSAを受け取ったときに、同じLSAを相手に送り返すことで 「このLSAを受け取りましたよ」と応答することができます。 これをImplicit Ackと呼びます。

例えばMasterがDRでSlaveがDR otherの場合、DRからDR otherに向けてLSRでLSAを要求します。そしてその直後に今度はDR otherからDRに向けてLSRでLSAを要求します。

DRはDRotherに向けてLSAckした後にLSUを送信するよりも、相手に送るべきLSAと同時に受信したLSA(Implicit Ack)を含めて応答したほうが効率的になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク